三角食べって?自然と身に着く食育。


自然と三角食べ

VALANCER(バランサー) には中央にごはん、左側にお野菜、手前にはおさかなやお肉、右側にデザート。
それぞれにアイコンがついています。
このアイコンには「三角食べ」から着想して開発しました。三角食べとは並んだ料理を均等に少しずつ食べていく日本人の習慣。ただ「三角食べ」を、あまり強制してしまうと、子どもは嫌がり逆効果。
そこでバランサーは円をモチーフにドーナッツ状にして、子どもが自然とバランスよく食事を摂る形に仕上げました、おかずには、必ずご飯を組み合わせて食べられるよう、最も取りやすい中心に位置させています。

バランサー竹食器
野菜料理サイドメニュー
魚料理メインディッシュ
ご飯ものライス
デザート



マークが見えたら教えて

三角食べ三角食べ(さんかくたべ)とは、1970年代頃、日本の学校での栄養指導で広められた和食を食べるときに飯と味噌汁とおかずを“順序よく食べる”方法です。またごはんやおかずを、順序良く、食べることによって、口の中で料理を混ぜ合わせることができます。そうすることで、知らないうちに味の深みや幅を広 げていくことができ、味覚が発達します。FUNFAMの VALANCER(バランサー) はこの考え方を現代的にアレンジし、食器にマークを入れることで、こどものうちから、 「自然と身に着ける栄養バランスの食習慣」をテーマに開発しました。



三角食べとは?

アイコンに合わせてバランスよくVALANCER(バランサー)プレートを使ったママからのエピソードをもらいました。
好き嫌いのあるお子様に「にんじんのマークが見えたら、ママに教えて〜」とお話したら、そこに盛り付けてあるお野菜を頑張って食べて、「ママ見て見て、全部食べたよ」とニコニコ笑顔で見せて来てくれて、気付いたら好き嫌いなく何でも食べられるようになったそうです。
FUNFAMの VALANCER(バランサー) プレートはお子様の自分で頑張る力を引き出す魔法のプレートなのです。



医食同源byオバマ夫人

オバマ夫人なぜ、オバマ夫人が?米国在住の知人に聞くと、米国の財政赤字の問題は深刻。そしてその主たる原因が医療費。だったら国民が医者にかからない体にすべしっとのことで、「食習慣」の改善キャンペーンに国を挙げて取り組んでいるのです。特に、酷いのが「子供の肥満」。大統領夫人ミシェル・オバマさんが力を入れるほど。その対策が「ポーションコントロール」という考え方。
つまり同じものをいっぱい食べない=肥満防止という「量のコントロール」を中心の考え方です。さらにそれを普及させるアイデアは弊社の VALANCER(バランサー) の考え方に似ています。つまり食器にガイドラインをつけようというものです。



バランス良い食事の目安

食事バランスガイドとは、健康的な食生活を実現するため、摂取する食品の組み合わせや量の目安をイラストで示した資料です。
こちらは日本版なのですが、米国版もあります。この基になったのが、スウエーデンで、食品を大まかに分類しそれぞれの摂取量の目安をピラミッド状に図示したものが起こりとなっているようです。


食事バランスガイド
食事ガイドバランス
【参考】(米国版)the U.S. Department of Agriculture:Food Pyramid



VALANCER(バランサー) に秘められた機能

VALANCER(バランサー) には子どものユーザビリティを考えた製造上の幾つかのポイントがあります。
実は小さな子供の視力は0.7ほど。あまりよく見えていなのだそうです。
そこで内側の色の濃い竹が、「ここがお皿のはじっこですよ」というガイドの役割になっています。

バランサーの黒いガイドバランサー内側のカーブ

バランサーセットを見る>>



TOPへ戻る